葛井法律事務所へようこそ

今、一番ご心配な点はどこですか? どのような解決を望まれますか?
依頼者の視点に立って、親身で懇切丁寧な対応をいたします。

また、他の士業とも提携し、事案の総合的な解決を目指します。
証拠の収集、資産調査も調査会社と協力してサポートできます。

まずは、お話しをお聞き致します。
お気軽にお電話またはメール下さい。

取り扱い分野(代表的なもの)

民事事件→一般民事(債権債務、不動産、損害賠償(交通事故含む))

     倒産、破産・再生

    →家事事件(相続(遺産分割、遺言)、離婚、親子)

刑事事件(逮捕~捜査弁護、起訴~公判弁護、保釈)

葛井法律事務所へのご相談、お問い合わせは

電話:06-6311-0470 FAX:06-6311-0652

(お電話の対応時間は、原則平日の午前9時から午後5時になります。)
メール:katsu-nao@lawyers.or.jp

 ご来所の方は >アクセスマップ(所在地)
(ホームページ担当弁護士:葛井重直/かついしげなお)

ご相談、お見積は、直接メール、電話いただくか、下のフォームをご利用下さい。
>お問い合わせページ

トピックス

  • 親権の帰属の判断基準(フレンドリーペアレントルール)

    未成年子がいる状況で親が離婚する場合、親権者をいずれにするか定めなければなりません。 協議離婚はこれが決められないと届出できませんし、親権の帰属が対立したままだと離婚調停も成立しませんので、結局、審判、裁判により、親権の …

  • 調停条項で定めた面会交流の約束を守らない場合(相談例)

    【相談例・夫側から】 妻と調停離婚した。 子の親権者は妻と定め、子供は妻と暮らすことになったが、月1回子供と面接(面会交流)できるように、調停条項で定めた。 妻は、この調停条項を守らず、子供に合わせてくれない。 【回答】 …

  • 婚姻費用請求の諸問題(相談例)

    【相談例・妻側から】 夫婦生活に嫌気がさし、子供を連れて家出した。 別居後、既に半年になる。 別居後夫から生活費(婚姻費用)をもらっていないので、請求したい。 1 別居の際に話し合いをしていない。勝手に出て行った場合も請 …

  • 夫婦間の契約の取消(相談例)

    【相談例】 新婚旅行の時、浮かれ気分で「浮気をしたら、慰謝料として300万円支払う」という、法的に体裁の整った書面(念書)を、夫婦双方、署名押印もして作成した。 その後年月が経過し、今般、夫の不貞が発覚した。妻としては他 …

  • 養育費の増額(相談例)

    【相談例】 養育費を合意で定めて、夫と離婚した。 当時は夫の収入にも余裕がなく低額で我慢したが、今回夫が、資産家の娘と再婚した。 夫の生活も余裕があるようなので、養育費の増額を求めることはできないか。 【回答】 夫婦が離 …